南波真之の新連載がSCSKで始まりました。

「これからのネットワークセキュリティは、ヤマハのUTMによる統合管理で対策を検討してみてはいかがでしょうか?」

目次

南波真之のコラムが公開されました。興味がある方はご覧ください。

ネットワークにおけるセキュリティ対策について、多くの企業で従来よりもますます関心が高まっています。

総務省の令和2年情報通信白書(※1)によると、2020年におけるセキュリティに関するリスクについての質問で、日本企業の72%が「悪くなる」と回答しており、これは、全世界平均の56%と比較してもかなり高いことが分かっています。

従来は、日本企業でもファイアウォールによる対策をしておけばおおよそ大丈夫という考え方などがあったのかもしれませんが、

日に日にネットワークの脅威が複雑化している、というのは感覚としてお持ちになっている方も多いのではないでしょうか。

(この続きは以下をご覧ください)
https://router-switch-jirei.jp/archives/2525

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる