【新連載】3年後に失敗するテレワークと効果が出るテレワークの違い【ランシステム】

目次

代表の吉政が、表記のコラムをランシステムで開始しました。興味がある方はご覧ください。

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。ランシステム サイバーテレワークソリューションのマーケティング支援をするきっかけでこのコラムを書いています。

吉政創成は総勢14名のマーケティングアウトソーシング会社ですが、創業より10年間100%テレワークで運営しています。今回はその経験で「3年後に失敗するテレワークと効果が出るテレワークの違い」を自身の経験から解説します。

まずテレワークの利点ですが、「通勤時間が大幅に短縮される」「時間・場所に縛られない働き方が実現できる」などがありますよね。一方でメリットですが「テレワーク環境(個室の有無・ネットワークの遅さ)が万全でないため、作業効率が出ない社員が出てくる」「セキュリティ上の不安」「社員の緊張感の減衰」などがあります。このデメリットの部分をどれだけカバーできるかで、テレワークを効果的に生かせるかどうかの差が出ます。
(この続きは以下をご覧ください)
https://cyber-telework.jp/archives/368

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる