代表によるウクライナIT動向の記事がマイナビニュースに掲載されました。

代表によるウクライナIT動向の記事がマイナビニュースに掲載されました。興味がある方はご覧ください。


ウクライナと聞いてIT立国をイメージする人は少ないでしょう。むしろ、ITとはかけ離れた違うイメージを持つ人のほうが多いかもしれません。しかしながら、ウクライナはIT分野でかなり強いのです。

例えば、世界のITアウトソースに関する国際団体であるIAOPの調査によると、ITアウトソーシングカンパニーの世界トップ100にウクライナの企業が18社も入っているそうです(2018年調査)。

ウクライナが世界中からITのアウトソーシングを受けているということは、世界中のITのニーズや最新の技術が集まってくるということを意味します。こうしたITのニーズや技術のハブのような存在であるウクライナに目を付けた、マイクロソフト、IBM、Samsungなどの企業が現地の開発会社と共同でR&Dプロジェクトを運営しています。

実は、アウトソーシングサービスの様な受託系の技術と、世界的なITベンダーで使われている技術の活用法というかアーキテクトの考え方はかなり違います。受託開発はお客さまのニーズに合わせてシステムを開発するノウハウがありますが、メーカーは市場をリードする次世代の開発を行うことが多いので、将来のニーズを見越した、ある程度汎用的な用途を限定したシステムのアーキテクトが必要なのです。
(この続きは以下をご覧ください)
https://news.mynavi.jp/article/globalit-8/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる