「新型コロナの影響で前倒しのGIGAスクール構想で貧富の差が拡大」

代表の吉政忠志によるGIGAスクール新連載がマイナビニュースで始まりました。興味がある方はご覧ください。

本コラムはマイナビニュースでアクセスランキング1位になりました。お読みいただいた皆様、ありがとうございました。


新型コロナウイルスの影響で、GIGAスクール構想が前倒しで進められる様相だ。子供の学習環境において、1人1端末で高速なネットワークをストレスなく使えるようになることには賛成だし、進めるべきと思う。

しかし、GIGAスクールを進めるにあたって課題は山積だ。何事も始める時はいろいろなことが起こるので仕方ないが、GIGAスクール構想に関して言えば、先生が教室で生徒を教えるという基本的な構造がなくなるので、大きな改革になる可能性もある。

例えば、スタジオで優秀な先生1人が全国の子供たちを教え、クラスごとに教科担任がいて、中央の優秀な先生の指導を支援するような教育スタイルになるなど、教育が大きく進化するかもしれないし、結局、教室でパソコンを持った生徒に対して先生が教えるという、パソコンとネットを提供しただけになるかもしれない。後者はとてもつまらない結果だと思う。

はたまた、新型コロナに起因する前倒しによって、想定以上にバタついてしまい、ネットワークやパソコンすら、快適に使えないことになるような気もする。そして、GIGAスクール構想の前倒しにより、教育格差や子供たちの生涯賃金の格差がますます広がるように感じている。

(この続きは以下をご覧ください)
https://news.mynavi.jp/article/gigayomoyama-1/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる