マーケティングアウトソーシング・コラム

第一回:吉政創成のマーケティングアウトソーシングサービスについて~長く続くことは成果が出続けるということ~

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今回から私が目指すマーケティングアウトソーシングサービスについてご紹介していきます。

私が目指すマーケティングアウトソーシングサービスとは、お客様のマーケティング活動のPDCAサイクルの一部になり、自ら動くサービスです。お客様にはお客様の事情があり、それぞれの課題を抱えています。その課題を解決すれば、マーケティング活動はスムーズに動きやすくなっていきます。吉政創成は私をはじめとする経験豊富なスタッフが常時10名以上在籍しており、お客様の課題解決に参加し、解決案を提示し、決定したやり方をひたすら実施していきます。我々は歯車として活動しますが、常に活動をチェックし、異常があればすぐに私のところに報告があり、解決案を示し、より効率的に活動をしていきます。

このサイクルの作り方が評価され、2020年4月1日に創業10周年を迎えますが、創業時代からのお客様が多く残っており、吉政創成の経営年数=お客様との契約年数というお客様もいらっしゃります。多くのお客様の平均契約年数が5年を超えております。これだけ長く続くのもお客様と良いプロジェクトが作れたからだと感じております。お客様に恵まれてもおり、アシスタントにも恵まれたからと、深く感謝しております。ただ、長期にわたってプロジェクトを運営する中で、いろいろな局面があります。それらの局面を乗り切れる、ノウハウと技術が当社にあるからだとも思っています。

お客様と長く信頼がおけるパートナーとして当社と契約を継続いただけるということは、長期にわたって成果を出し続けることができたからだと考えています。吉政創成のアウトソーシングサービスは最初の3か月で今後成果が出ることを証明するようにしています。その3か月の成果で、多くのお客様が当社と長期間ご契約いただくことで大きな成果を上げられることを確信していただいてから本契約をいただいています。

私は契約いただくからには必ず成果をもってお返ししたいと考えており、成果の出ないプロジェクトは双方にとって不幸だと考えております。そのミスマッチを避けるために、最初の3か月間の試用契約を設けています。成果が出ないとわかれば、当社から契約終了をお願いします。もちろん当社が契約終了を伝えることで、ご迷惑が掛かってしまう場合は、契約を継続し、なんとしても軌道に乗せるつもりでいます。しかしながら、ご契約を頂く以上、必ず成功させなければなりません。成功させるためには、厳しいハードルを越えなければいけないこともあり、お互いに成長しなければいけないこともしばしばあります。その為にはお互いに厳しいことを伝えあい、切磋琢磨して、協働で成功をつかみ取りたいと考えています。これこそが、吉政創成のマーケテイングアウトソーシングサービスの考え方になります。

この考え方に共感され、当社のマーケティングアウトソーシングサービスを検討いただける方は、是非以下のページをご覧いただけると幸いです。