当社代表が執筆したアフリカ・ルワンダRuby on Rails講義レポートがマイナビに掲載されました。

Pocket

当社代表の吉政忠志が執筆したDive into Code 野呂氏の単身ルワンダRuby on Rails講義レポートがマイナビに掲載されました。

「アフリカの奇跡と呼ばれるルワンダでRuby on Railsを教えてみた – プログラマーが高給取りで人気の実態は?」

###
西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接する中部アフリカに位置し、アフリカで最も人口密度が高い国がルワンダ共和国(以下、ルワンダ)である。

ルワンダといえば、ゴリラで知られるアフリカの国だが、首都キガリは美しい街並みであり、夜も気軽に歩けるほど治安がよく、ゴミも落ちていないクリーンな国である。1995年に起こった大虐殺が嘘のように収まり、20年以上、平和で安定した高度経済成長を遂げ「アフリカの奇跡」と呼ばれるようになった。経済成長率はこの10年で8%前後を維持しており、国として大きな発展を続けている。この大きな発展の要因はICT(情報通信技術)とハイテク農業だそうだ。しかも、その発展の陰には日本の国際協力もあった。

Dive into Code 代表取締役の野呂浩良氏がRuby on Railsの伝道をするべく、そんなルワンダを訪問したのだ。同社は、Ruby on Railsのトレーニング/ハンズオンセミナーにおいて、3000人の受講者を達成している。

本稿では、その時の模様、現地企業、現地エンジニアの声なども踏まえて、ルワンダのIT事情を紹介する。

(この続きは以下をごらんください)
http://news.mynavi.jp/articles/2017/10/24/ruby_rwanda/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP